【BGMとしても最適!】Chill用日本語ラップ10選

まとめ By kkl kkl
スポンサーリンク

このタイトル、見方によったらめちゃくちゃアーティストDISってるようにも見えるな、BGMとして最適!とか 笑

【ラップの主張が強すぎず】【良い意味でBGMとして機能する曲】をテーマに絞って、なるべくテイスト合わせてみました。

ラッパーじゃない人の曲も入ってるんで、正確には「Chill用クラブミュージック」な気がしないでもないけど。

ま、細かいことはいいんですよ!ほぼ個人用やから。

スポンサーリンク


kZm – But She Cries

曲がめちゃくちゃエモいのになんかkZm観ると毎回シュールな感じすんの俺だけ?笑

vividboooy – RELAXING

いや、この人全然知らんねんけど、この曲めちゃくちゃいいねん。他の曲聴いたことないけどね。

YOSHI – COBAIN

この人も全然知らん。けど、なんか本業はモデル?らしい。しかも10代・・・そいや見るからに若いな。

韻シスト – HOT COFFEE feat.鎮座dopeness&チプルソ

韻シスト入れるのは反則かな?笑

EVISBEATS – 夢の続き feat. 田我流

リリックも良いんだ、コレ。

EVISBEATS – いい時間

映像含めて、ほんと”いい時間”が過ごせる。

Rude-α – CoCo ga Okinawa feat.R’kuma

「Life is」も同じくらい良い曲。気づいたら垢抜けてたRude-α。

kiki vivi lily × SUKISHA – Blue in Green

テイスト重視で選んだ結果、日本語ラップに関係ない曲も入ったけど・・・細かいこと言うなよ。

釈迦坊主 – tu tu tu tu feat.RICK NOVA

釈迦坊主の曲はだいたいシラフで聴いてもぶっ飛ぶ独特の世界観ある。この曲はChill寄りな方。

MATO – Cofeee Time

3曲目ね。

MATOさんブレイクせんかなー・・・この作品めちゃくちゃええねんけどな・・・しかもフリーやし。

最後に

テイスト似てるのを集めた結果、ラッパーじゃない人の曲も入った。

こうやって見るとジャンルって、一応の目安にはなるけど、ほぼ意味ないな。

というか最初”Chill”っていう括りでまとめようと思ったけど、結構難しかった。

今度はもっと”ラップ寄り”のChillソングまとめてみよかな。

スポンサーリンク

カテゴリー:まとめ

kkl

kkl

人生で初めて買ったCDは般若の「おはよう日本」という変人。圧倒的な文章力の無さは勘弁してください(あと誤字脱字)。