SYGNALの「CHANGE IS GONNA COME」って今聴いてもやっぱり名盤じゃない?

アーティスト By kkl kkl
スポンサーリンク

TOKONA-Xって今の若い子も知ってるから凄いですよね。

それもリアルタイムに聴いてなくても”レジェンド”って認識でしょ?

ソロ作としては1枚しか出て無いけど、今聴いても古臭さとか全く無いもんなー。

関係の深い人らのインタビューで武勇伝的なエピソードいっぱい語られるし、人間性含めてってことは分かるけど。

でも人間性は知らんけど楽曲だけで言うたら、当時の名古屋勢ってTOKONA-Xと同じくらい良曲を量産してるラッパーいっぱいおるし、今のラップブームでもう一回注目されて欲しいなーとか思ったりもする。

その1人がボーラーズ所属のSYGNAL。

スポンサーリンク

「CHANGE IS GONNA COME」 は今聴いてもめっちゃええから!

たぶんソロとしては2005年に発売された「CHANGE IS GONNA COME」1枚しか発売されてないと思うけど。

今でもよく聴くアルバム….やけど当時もそんな言うほど話題になってなかった気がする。

端的に言うとロック好きな人はハマると思うロック聴かんから説得力ゼロやけど 笑

まぁなんせSYGNALのラップはシブいんよね。全体的にハードコアな曲調やし。

それこそTOKONA-Xの”I JUST WANNA”に客演として参加してるけど、あぁいうパーティーチューンより確実にこっち系のが相性良い。

”Stayin’ On My Hustle Featuring 籠獅”とかもうゴリゴリよ。SYGNALも籠獅も2人とも同じくらい良い!!

とはいえ、アルバムの中では軽快なラップも披露してて”Rule”とか自然に首振っちゃう。

SYGNALのラップはだた男臭いだけじゃなくて、なんていうか”色気”があるねん。

この辺の曲聴いてから”I JUST WANNA”聴いたらだいぶ必死にBeatについていこうしてる気するな 笑

しかし意識して改めてアルバムを聴きなおすと、客演はほとんど名古屋のメンツやねんけど….なんかしっくりこん 笑

ANTY THE 紅乃壱とKalassy Nikoffぐらいかな、相性良かったの。他の名古屋メンツの曲は…ソロ曲にした方が良かったんちゃうか?っていう。

もしかしたらその辺がSYGNALがいまいちブレイクせんかった理由かも。

今からでもソロでバンバンやって作品出して欲しいなー!今なにやってるんやろ….

ちなみにこのアルバムにはANARCHYも参加してる。

個人的にはこの時期の、”高めの声で早口でまくし立ててる時”のANARCHYが一番好き。

たぶん配信は無いと思うけど、興味のある物好きは”CHANGE IS GONNA COME”を一度聴いてみてくだされ。

追記:Youtubeで観れるSYGNAL。一人目ね。

ほら、かっこよくない?

スポンサーリンク

カテゴリー:アーティスト

kkl

kkl

人生で初めて買ったCDは般若の「おはよう日本」という変人。圧倒的な文章力の無さは勘弁してください(あと誤字脱字)。