Apple Musicの音楽ファイルをダウンロードして自由に使う方法

Others By kkl kkl
スポンサーリンク

もしもApple Musicの音楽をダウンロードして、CDに焼いたり、Apple Musicに対応してないmp3プレーヤーとかで聴けたら最高じゃない??

CDに焼けるってことは、カーステとかCDプレーヤーでも聴けるし、あくまで個人利用の範疇やけどリミックスとか音源に手を加えて遊ぶこともできるやんか。

Apple Musicってたしかに曲数多くて聴き放題やから便利やけど、ダウンロードする音源にはDRM?とかいう制限掛かってて使い勝手悪いっていうなかなかの欠点があるし。

なんで今回は、そういう制限取っ払ってしまえ!!って記事。

勿論、合法で。

スポンサーリンク


Apple Musicの音楽ファイルをダウンロードして自由に使う方法

「せっかく契約してるんやから、もっとApple Musicの音源を自由な形で使いたい」と思ってるそこのアナタ!!

イイソフト、アルヨ。

TuneMobie Apple Music Converter』ってやつ。

最初に言っておくと、『TuneMobie Apple Music Converter』は有料のソフト(無料体験版はあるけど)。

このソフトで何ができるかっていうと、Apple Musicの音源をmp3やAIFFとかのファイルに変換して保存できるっていう超絶便利なソフト。

こういう怪しい系のソフトってWindowsしか無いイメージやったけど、このソフトは何とMac版もある!!

詳しいことはよく分からんけど、違法ダウンロードするわけじゃなくて、厳密には音源をバックグランドで再生して録音してるらしい。だから法律には触れてないねんて(不思議な仕組みやなぁ)

録音したファイルにはDRMが掛かってないから、CDに焼いてカーステで使えるし、保存したファイルをiPodに送って聴いたりもできるし、勿論ストリーミングを解約してもそのまま使い続けられる

要するに、Apple Musicの音源を自分の物にできるっていうやばいソフ

※でもソフトの利用は自己責任でお願いね

Apple Music Converterの使い方

インストール後の使い方は簡単。

ソフトを立ち上げる→取り込みたい音楽を選択→変換

っていう3ステップ。

1.ソフトを立ち上げる

ソフトを立ち上げると、iTunesも起動して勝手に同期?される。

2.パソコンに取り込みたい曲を検索→変換

次に『TuneMobie Apple Music Converter』側で変換したい曲を選択するわけやけど、『検索』ってとこに曲名打ち込んでも何故か表示されんかった。たぶん、iTunesのライブラリに曲を追加しとかんとあかんらしい。

ってことで、Apple Music(iTunes)側で適当なプレイリストを作ってそこにぶっ込む。

すると、『TuneMobie Apple Music Converter』の方にも反映されてるから、選択できる。

あとは、出力形式と音質を選んで変換ボタンを押せばパソコンに保存してくれる。

変換中はこんな感じ。

バックグラウンドで音楽を再生して録音してるから、保存中はiTunesで音楽を聴けへん。

再生中とはいえ、変換中の音楽を聴きながらっていうのも無理やと思う。変換中はiTunes動いてるけど無音。

ちなみに変換はまぁまぁ遅い。

というのも、Mac版の場合はOSが10.13以降やと1倍なんやって。むしろそれより古いOSの場合は16倍速で録音できるらしい(なんでやねん!)

これはMac側の仕様やからしゃーないみたいやけど・・・Windows版はOSのバージョン?問わずに普通に16倍速で録音できるねんて!!やっぱこういうソフトはMacよりWindowsの方が使い勝手ええな。

変換が完了したら、フォルダに保存されてるから、あとはご自由に。

ちなみに曲情報もちゃんと勝手にコピーされてる。

ね、超簡単でしょ?

録音とはいえ、別に音飛びもないし、音量小さかったりすることもない。ほんまに普通のmp3ファイル。ぶっちゃけ、ほんまに録音なんか怪しいレベル

ちなみに上の曲は『トレーラー・パーク・ボーイズ』っていうカナダのフェイクドキュメンタリーのコメディドラマの中で出てくる歌。

このドラマ、Snoop Doggとかダグ・ベンソン(スーパー・ハイ・ミーの人)とかゲストで出てくるねんで 笑

最初の方はただのクライム系のドタバタコメディやけど、シーズン重ねるごとにガンジャ色が強くなるっていう 笑

面白いから1回観てみて!

料金

Apple Musicの料金(無料期間3ヶ月)

  • 個人向けプラン・・・980円
  • ファミリープラン・・・1480円(6人まで利用可能)
  • 学生プラン・・・480円(在学証明が必要)

TuneMobie Apple Music Converterの料金
料金はWin/Mac版それぞれ同じ(無料体験版あり)

  • 年間ライセンス・・・2280円(1年間/PC1台)
  • 永久ライセンス・・・4580円(買い切り/PC1台)
  • ホームライセンス・・・8980円 (買い切り/PC5台)

ちなみに買い切り版はアップデートも生涯無料。

永久ライセンスでも安い。

注意というかお願いというか・・・

今回紹介した『TuneMobie Apple Music Converter』は、無料期間中でもApple Musicの音源をパソコンに取り込むことができるから、理論上は無料期間中に好きなアーティストの音源をパソコンに音源に取り込んで解約という事もできる

でもっ!!

よく考えて欲しいのは、ストリーミングの仕組み上、ダウンロードした音源ばっかり再生されてたらアーティスト側に全くお金が入ってこんって事。

だから、このソフトはあくまで『ストリーミングに対応してないプレーヤーで再生したい時』『CDを使いたい時』『自分でリミックスとか作って個人の範疇で遊びたい時』とかに便利っていうものであって、基本的にはストリーミングで再生して欲しい

だってそうじゃないと、自分が好きなアーティストにお金が入ってこえへんわけやんか

むしろ、ストリーミング契約してる人は、既にCDを持っている曲でも、その曲を聴く時はできるだけストリーミング再生してあげた方がアーティストの為になると思う。

そういう事もあって、合法とはいえ不特定多数の人になかなか勧めにくいソフトではある事は間違いないけど、中には俺みたいにストリーミング契約して利用してるけど、どうしても旧型のmp3プレーヤーで聴きたかったりする人もいるやろなぁ、と思って紹介しました

まっ、アーティストの事も考えると、各自の倫理観が重要になってくるからその辺考えて上手く使ってください。

いや、マジですげえ便利!

スポンサーリンク

カテゴリー:Others

kkl

kkl

人生で初めて買ったCDは般若の「おはよう日本」という変人。圧倒的な文章力の無さは勘弁してください(あと誤字脱字)。